ハザクラ珈琲館

珈琲や暮らしに関することを紹介します。

AGF Blendy 「挽きたてプレミアム Black」の新パッケージ!?

セブンイレブンで、見覚えのないパッケージの珈琲を発見!

 

可愛らしいパッケージ。

f:id:warattemite:20180605134838j:image

 280mlと小柄で、ピンクとブルーの可愛らしい珈琲を発見!

ブラック珈琲のようだ。新商品かな、と思いきや・・・。

パッケージには、AGF Blendy「挽きたてプレミアム Black」とある。あれ、なんだか聞いたことある名前だぞ。

去年の今頃発売された、あの「挽きたてPREMIUM Black」と同じ名前じゃないか!パッケージ変えたのかな?リニューアルしたのかな?

 

調べてみたけど、私の検索スキルでは全く出てこない。「挽きたてプレミアム Black」の字の背景には、ピンクのバックにブルーで「GOOD ROAST」と書かれているから、もしかしたらリニューアル商品かもしれない。

 

 

Blendyというと・・・

インスタントやドリップパック、スティックタイプで有名なBlendy。私の感覚だから当てにはならないが、総じて女性を主なターゲットとしているような印象を受ける。

Blendyというポップなネーミングもそうだが、 商品のパッケージも可愛らしいものが多い。深い緑に白字で大きくBlendyと書かれた最も有名なものをはじめ、単色の明るいパッケージが素敵なブランドだ。

 

Blandyは、パッケージの多彩なことと同じくらい、様々な飲み方を提案している。

インスタント、ドリップパック、スティックタイプ、パーソナルタイプ、ポーションタイプ、ボトルコーヒー。カフェインレスやカロリーハーフ、ココアにオレも揃えているおり、珈琲ライフをより愉しいものにしてくれるブランドである。

 

 

ストレート。

「挽きたてプレミアム Black」をひと口含むと、すぐに「ストレート」という言葉が浮かぶ。キレの利いたコク深さと、真正面から突っ込んでくるような近年稀に見る純心が窺える。

これは、最近の珈琲には見られない特徴である。サードウェーブやスペシャルティコーヒーという言葉が目立ち始めた今、これ程まっすぐな美味しさを持つコーヒーは他にないだろう。これには、珈琲の味わい方を考えさせらてしまった。

 

 

徹夜明けの珈琲。

実は、これを飲んだのは徹夜明けの午前5時ごろ。

徹夜というのが、体によろしくないというのは誰もが承知の事実だと思う。ところが、時には徹夜もすべきだとも思っている。

夜を忘れないためだ。目が覚めたら陽が昇っていることが当り前になっている生活で、夜中の景色や夜明けの静けさを忘れないように。そうして日常に刺激を又、安らぎをもたらす。

時には、夜を愉しむように徹夜もしてみるとおもしろいものである。

そして、世が明けた時に飲む一杯の珈琲がまた、格別な味わいなのだ。こういう時には優雅にエスプレッソを淹れたりしても気分が上がって良いが、私のおすすめは、夜明けの街を散歩がてら缶コーヒーを飲むことだ。

気張らない安い無糖缶コーヒーは、飲む人の心を味わうことができる。至福の一杯とは違うけれど、安らかな気分になれる生きた一杯なのだ。お試しあれ。

 

 

 

こちらで電子書籍を出版させていただいています。

よろしければ、読んでみて下さい。

https://mangabito.biz/?s=%E8%91%89%E6%A1%9C%E9%99%BD

 

 

【最新の書籍】

 

f:id:warattemite:20180402103602j:plain

 https://mangabito.biz/2018/03/28/20180322hazak/

 

 

 

【おすすめの書籍】

f:id:warattemite:20180402104251j:plain

https://mangabito.biz/2017/10/19/20171017hazak/

 

f:id:warattemite:20180306113642j:plain

https://mangabito.biz/2017/10/03/20170926hazak/