ハザクラ珈琲館

珈琲や暮らしに関することを紹介します。

ドトール「アイスコーヒー」リニューアル!! 2018年夏の珈琲戦争に参戦!

 

ドトールは「ドトール珈琲農場」、「神乃珈琲」と新業態を拡大している直中だ。それにも関わらず、ドトール エクセルシオール カフェでは、今月7日より「2種のフローズン、パスタ、パニーニ、スイーツ」が同時新登場すると発表した。

そんな、絶好調のドトールコーヒーから…。

またしても、ニュースが入ってきたのだ!!

 

 

「アイスコーヒー」リニューアル。

f:id:warattemite:20180602161754j:image

6/1、ドトールの「アイスコーヒー」が8年ぶりにリニューアルしたそうだ。

私は以前から、ドトールの「アイスコーヒー」と「ミルクレープ」には一目置いてたのだが、「ミルクレープ」の方は、最近リニューアルにより美味しさが増し種類も豊富になった。一方で「アイスコーヒー」はこの8年の間、変わらぬ味わいを守り続けていた。

今までの「アイスコーヒー」もクリーンで美味しいと好評価であったが、去年の春夏のコールドブリューの勢いやサードウェーブ、缶やペットボトル珈琲のクオリティのなかでは、どうしても目立たつことはできなかった。

それだけに今回のリニューアルは注目である。

 

 

この夏も激しい闘いが繰り広げられる!

今年の夏も、各企業から渾身のアイスコーヒーが出揃っている。

 

スターバックスは、去年大ヒットの「コールドブリュー」を再販。

タリーズは、まろやかな口当たりと深い甘みの「水出しアイスコーヒー」も人気だ。濃厚なニューヨークチーズケーキと一緒に飲むがたまらない。

マクドナルドは、5月にアイスコーヒーをリニューアルし、「プレミアムローストアイスコーヒー」を発売開始。無料お試しで売り込んでいる。

セブンイレブンも、3月にリニューアルを済ませ、カリスマ性の込められたその味わいは今までに増して人気を強めた。

ローソンのマチカフェは、4月から大容量の「メガ」商品を展開している。珈琲は、「メガアイスコーヒー」と「メガアイスカフェラテ」の二種類。それにマチカフェには例の「壁を越えたコーヒーマシン」が備わっている!

ファミマは、去年の5月にリニューアルし、美味しさを増したグアテマラ豆使用のすっきりとしたアイスコーヒーを持っている。

 

更に注目すべきは、ペットボトル珈琲だ。

私のいち押しは、「ジョージア ジャパンクラフトマン ブラック」である。水のうま味とコクの深みは勿論のこと。コーヒーが豆であることを感じさせるナチュラルな味わいが、私のお気に入りへ加わる決め手となった。

UCC BLACK COLD BREW」もお気に入りだ。こちらも澄み切った水出しの深い味わいが私のツボを的確についている。

伊藤園からは、「クラフトボス」と「タリーズコーヒー スムース ブラック ミディアム」が参戦。「クラフトボス」はそのかわいらしいフォルムと薄めの味が女性や珈琲エントリー層の人気を得て大ヒットを起こしている。

 

この夏ひと暴れしそうなコーヒーがある。

密かに注目を集めている、「ドラフトコーヒー」である。

NYでは既に人気を得ており、缶コーヒーとして製品化もされている。

その正体は、ビールのようなコーヒー。見た目は黒ビールそのもの。然し飲んでみれば確かに珈琲。アメリカでは「アイスブリュードコーヒー」とも呼ばれている。そう、水出しである。ビールのような泡の正体は窒素なのだ。

「ドラフトコーヒー」を日本で味わうには、UCCが展開している「メロウブラウンコーヒー」というカフェへ行くか、アメリカから買ってくるしかない。メロウブラウンは、自由が丘店とさいたま新都心店にしか店舗がないので、お近くのひとは是非。

 

他にも、紹介したいアイスコーヒーは多くあるが長くなるのでここまでにしよう。

ドドールの新しくなった「アイスコーヒー」がこれらのコーヒーと肩を並べて、暑い夏を涼ませることを期待している。

  

ワンピース姿のお嬢様

勝手ながら、ドトールの新「アイスコーヒー」はそんなイメージを沸かせた。

深いコク、どこまでもクリーンで雑味がない。それでいてキリッとした口当たりが、育ちの良い美しい女性の白い肌を想わせる。

その中に奥ゆかしい上品な苦味があり、余韻は優しい甘味だ。アラビカ種100%が効いているのだろう。

真夏の恋とは少し違う、手の届かない存在であるような品を感じさせるコーヒーなのだ。

 

ドドールの「アイスコーヒー」はパック販売もしている、又、豆でのテイクアウトもできる。(店舗による?)

私としては、是非、お店で「ミルクレープ」と一緒に召し上がってもらいたい。

 

 

アイスコーヒー万歳。

今年の夏は猛暑になるのだそう。暑い夏には、冷たいコーヒー・・・。

然し、冷たいコーヒーは邪道であるという人も多い。私は素晴らしいドリンクだと思っているが。

珈琲はもっと自由な飲み物であっていいと思うのだ。私はブラック派だが、気分によっては砂糖も入れる。アイスコーヒーも大好きである。これほどに楽しみかたが豊富で、アレンジの利くドリンクは珍しい。面白いものでは、レモンピールを入れたり、炭酸水で落とす強者もいた。

 

アイスコーヒーは、豆の特徴が死ぬからダメだという話を時々耳にするが、それは深煎りにしすぎるせいだ。深煎りだけがアイスコーヒーではない。これから珈琲を本格的に楽しもうという人に決して忘れないでほしいことがある。「アイスコーヒーは美味しい」という真実である。

珈琲を知る程に、冷たいコーヒーは邪道であると避ける傾向がある。

珈琲に道はない。あるのは無限に広がる大地だけであり、王道も邪道もないのである。

 

 

 

こちらで電子書籍を出版させていただいています。

よろしければ、読んでみて下さい。

https://mangabito.biz/?s=%E8%91%89%E6%A1%9C%E9%99%BD

 

 

【最新の書籍】

 

f:id:warattemite:20180402103602j:plain

https://mangabito.biz/2018/03/28/20180322hazak/

 

 【おすすめの書籍】

f:id:warattemite:20180306114209j:plain

https://mangabito.biz/2018/02/21/20180214hazak/

 

f:id:warattemite:20180402104251j:plain

https://mangabito.biz/2017/10/19/20171017hazak/