一週間の暮らしと珈琲

珈琲や暮らしに関することを紹介します。

義理チョコに学ばねば。

2月のイベントといえば、恋と涙のバレンタインデーだ。

 

ジャック・オ・ランタンが街から消えると、クリスマスカラーが街を覆い、それも消えると門松が立ち並ぶ。正月も暮れると鬼の仮面や豆、そして恵方巻

節分が終わるのを待たずして、街はチョコレートに埋め尽くされるのだ。

 

恵方巻の大量生産はやめにしよう」という動きがあったようで反響を呼んでいる。

と、同時にゴディバジャパンが2月1日に日本経済新聞に載せた、広告も話題になっている。

 

既に目にした人も多いと思う。

 

 

「日本は、義理チョコをやめよう。」

 

というものだ。

 

ゴディバジャパンへ拍手を送りたい。

毎年、街中を埋め尽くすチョコレートの山が、お菓子業界にどれだけの利益をもたらしたことか。

 

昭和30年頃、日本のチョコレートメーカーである「モロゾフ」が初めてバレンタインチョコレートを発売したことから始まる日本のバレンタイン文化は日本人女性の恋心の限り拡大を続けている。

 

しかし、拡大しすぎた文化は国民の色に染まっていくものである。

バレンタインに限ったことではない、言語や外来文化にはその現象が顕著にあらわれる。

ローマ帝国の時代に期限を持つバレンタイン文化は、いまや世界中に広まっている。チョコレートを贈る、というイギリス発祥の文化を基本として、国ごとに少しずつ異なる目的やルールはその国の国民性が映し出されている。

 

日本人の色に染まったバレンタインは、「義理チョコ」というものを生み出した。道徳の国ならではだろう。

これが広まると、「義理チョコ」は女性にとって「義務チョコ」となり、お菓子作りの得手不得手を問題とせず、気持ちの伴わないひとにチョコレートを贈ることを強いられる。

しかも送るのは異性へだけではない。むしろ女の子たちは同姓の友達同士で交換することが主だそうだ。

貰う方の男性としても、「義理なら貰わない方がいい」「お返しが面倒くさい」「手作りには抵抗がある」といった声が上がっている。

 

客観的に見てみれば、奇妙な文化である。

女性は気持ちもない贈り物にお金と労力を割き、男性は貰いたくもないものをもらってお返しに困る。

日本のバレンタインが、イカれていることは誰の目にも一目瞭然である。それでも拡大は止まらなかった。というよりは止められなくなったのだろう。これにより儲かっているお菓子業界ですら、これほどの規模の風習を止めようがなくなってしまったのだ。

 

 

 止めることができるとすれば、法律か戦争くらいのものだろう。

若しくは、ゴディバ

 

 

これほどの反響を呼んでいるのは、高級チョコレートメーカーのなかでも頂点に君臨するゴディバであったからこそのことであろう。

義理チョコ文化の廃止を言い出すのはチョコレートメーカーでなくてはいけなかった。それもゴディバほどのチョコレートへの愛と、拘り、実力、信頼、消費者への感謝が、整っていなくてはいけない。

それを、ゴディバは理解していたし、行動に移した。

そしてなにより僕が素晴らしいと言いたいのは、他のメーカーへの気遣いである。

 

 

この「義理チョコ廃止」の流れに乗り損ねたメーカーがあっては、国民からの評価が落ちる。それにお菓子業界で一致の意見であることを示すことが大切だったのだ。

 

あげる人が主役のバレンタインデー。

 

僕は、男だが毎年バレンタインには、手作りお菓子やケーキを日頃の感謝をこめて、お世話になっている女性へ贈る。

男のくせに、という人もいた。女子力が自分より高くて腹が立つと笑った人もいた。素直に喜んでお返しをしてくれる人もいた。

 

僕は贈物が好きなので、クリスマスや誕生日、バレンタインといったイベントは大好きだ。料理も好きだから、義理チョコだって楽しくつくる。

今回の広告をみてはじめて、バレンタインを嫌う人の多さに驚いたのだが、僕は今年もケーキのレシピをつくり終えているし、去年より美味しいと言わせてやろうと気張っている。

 

僕のような人がバレンタインを勝手に盛り上げているのかな、と悪い気もしたが「あげる人が主役」という言葉に救われた。

ただ、「お返しはいらない」と声をかけることを忘れないようにしよう。

 

感謝とともに贈ることが、義理チョコの定義に当てはまるのかわからないが、本命であっても義理であっても、あげるなら配慮を忘れてはいけないのだ。

なんだか、煙草の問題に似ている。吸うなら配慮を忘れるな。

お返しは日本人が大切にする心である。断ってもくれるかもしれないが、少なくとも一言「お返しはいらない」「無理しないで」と付け加えるだけでもらう方は楽かもしれない。

 

わざわざ日経新聞に載せたのは、もらう側の男性へのメッセージであるからだろう。

僕もまた男である以上、貰う側である。僕も含めて男性諸君にこそ、バレンタインに心を取り戻してほしいと願う。

 

 

 

日本の心が生んだ文化が、日本の心を失くしてしまった。 

我々は、バレンタインに学ばなければならない。

これまで、「義理チョコ」のために苦しんだ女性たちのためにも。

先陣切って廃止を訴えてくれた、ゴディバジャパンのためにも