一週間の暮らしと珈琲

珈琲や暮らしに関することを紹介します。

横書きと縦書き、どっちが好きですか?

こんばんは、葉桜です。

実は、横書きがとても苦手・・・。

どうにか、克服したいと思ってはいるのだが、なかなか難しい。

皆さんは、横書きと縦書きだとどちらが得意でしょうか?

また、横書きのコツでがあれば、是非おしえてください!!

 

今回の「本日の過ごし方」は、横書き克服のはなし。

 

 

横書き主流社会にて。

ブログ、ツイッター、ライン、お品書き、レシート、なんでもかんでも横書きになってきた。なってきたといっても、生まれた時から横書き社会ですが・・・。

縦書きをみるところと言えば、新聞や本に、ハガキ、看板くらい?他にもあるかもしれないけどとにかく、横書きが多いよね。

 

 

たしかに、見やすい。

情報をピンポイントで探すなら断然、横書きがいいと思う。このせわしい時代では、できる限りのムダを省いて、求める情報をどれだけ早く提供できるかが競われている。だから、パッと見て全体がつかみやすい横書きが使われるのかな。

ネットで調べ物をしたときに、検索結果が縦書きだったらどうだろう。一つ一つ読んでみないと、自分にとって価値のある情報かそうでないかの判断が難しいだろうな。

ファミレスのメニュー表が、縦書きなのも参っちまう。

やっぱり、情報量と自由の増した今日では、横書きは便利なのだ。

 

 

読み書きには縦書きがいい!

「見る」「探す」ことにおいては横書きが優秀だが、「読む」「書く」となると縦書きがいい。日本語は縦に書くほうがやはり自然であり、ルズムが伝わる。右の行から、左の行に向かって読み進めていくほうが、話が進んでいる感じを受け取りやすいとも思う。

パッと見た時のとっつきにくさはあるものの、それだけ濃い内容であると場合が多い、濃い内容を伝えようと知ると、必然的に縦書きになる。せざるを得ないと言ってもよい。

私の場合は、何でもかんでも縦に書く癖があるが、これは自分勝手なことなのかもしれない。読み手のことを考えて、縦書きか横書きかを決めなくてはならないと反省しよう。

 

 

横書きになれるために!

横書きで書くことの何がそんなに問題なのか。どうしても書きづらいのだ。

縦書きだと、日本語のリズムを感じながら、意味を感じながら丁寧に書くことができるのだが、横書きになったとたん、私の文章は乱雑になる傾向がある。 読み直すことも億劫になってしまう。

 

英文の横書きには違和感はない。当然だろうが、これは大きなヒントになった。英文を書く感覚で日本語を書いてみた。

 

「Hello.」というつもりで、

「こんにちは。」と書く。

 

これだけだ。常に和訳をするようなイメージをもって文章を書くと、驚くほど、落ち着いいて横書きができるではないか。なんでも試してみるものだ。

あたまの中では英語をしゃべっているが、手では日本語を書いている。

馬鹿みたいな作戦が思いのほか成功したので、私と同じように横書きに悩んでいる人がいたら、是非試してみてほしい。