一週間の暮らしと珈琲

珈琲や暮らしに関することを紹介します。

本日はお月見です。

こんにちは、葉桜です。

今朝、調べ物をしようとして、Googleを開いたときに気付いたのですが、

本日、10月4日は「中秋の名月」でございます。

お月見です!!

 

今回の「本日の味わい方」は、お月見の過ごし方!

 

 

行事は楽しんで損なし

本来、お月見は収穫に感謝して月に収穫物をお供えして、感謝と信仰心を示す行事です。

耕作をする人が少なくなった今日の日本では、このお月見文化は意味を失いつつあります。毎年、お月見をやらないという人も少なくないでしょう。

意味もなく「12月25日が今年もやってきた。」というだけで騒ぐ心があるのに、年に一度の名月を拝まないのは、プレゼントがないからでしょうか?中秋の名月が毎年決まった日じゃないのも原因のひとつでしょうか。

すべての行事がどういう文化なのか、を理解したうえで、祝ったり感謝できれば素晴らしいことですが、

私は思います。

 

「めでたいのが分かってれば、それでいいじゃないか。」

 

なんとなくお祝いしてもいい。なんとなく感謝してもいい。

不思議なもので、意味をもたずとも、祝福や感謝、謝罪など、優しさというのは感じ取れるものなのです。それはいつでも心のどこかに他人の幸福を願う気持ちや感謝すべきこと、罪悪感というのがあるからです。

月をみあげて、なにを感謝すればよいのか知らずとも、自分にある感謝すべきことを月に向けて感謝することができるのです。

 

なにより、行事というのは、普段しないことをすることですから楽しいのです。下らないといわず、団子をたべる会だと思ってやってみると、意外と幸せな気分になりますよ。

 

 

もう20時ですが、

夕食がまだなら、ぜひ、団子を。

中秋の名月をみながら、安い三本入りの団子を食べるだけでも気分はよいものです。

月見バーガー」もおすすめです!前にも言いましたが、満月チーズ月見は、絶品ですよ!!!

ちょっと寒いけど、アイス「雪見だいふく」でもいいかも。 

 

 

私の住んでいるところからは、曇っていてツキが見えないのが残念です。