ハザクラ珈琲館

珈琲や暮らしに関することを紹介します。

知らない世界への扉

こんばんは、葉桜です。

月曜前夜ですが、明日は祝日のようですね。

 

世界は広いです。私はとっても多趣味で、興味を持つとすぐに手をだして面白いと思うと、極めたがる癖があります。おかげで毎日がムダに忙しいです。

すこし、自分の知らない世界について考えてみました。

 

 

ハマりそうなことってありますよね。

手を出してしまえば、のめり込むだろう。私の場合は、登山、裁縫、紅茶、釣り・・・とか、まだまだたくさん思い当たります。興味は既に向いているのですが、今は始められないこと。

一度楽しみを見出せば、時間とお金を惜しまずつぎ込んでしまう私には危険すぎるのです。

 

 

ハマらなそうなことっていいですよね。

絶体に、自分には関係ないと思っていたものが、ある日突然好きになったりしませんか。歌手とか、遊びとか。興味すら一滴も向いていないものに、惚れてしまうときの屈辱と興奮が好き。

とんでもない偏見をもっていたことに驚きます。これからもきっと、今はまだ、目にも止まらないことを好きになってしまうのだろうと思います。

 

 

尻の軽さが遊びのコツだ。

偏見をもっていることはごく自然なことです。それはいいのです、覆される感覚も面白いですし。大事なのは、素直に受け入れられるかでしょうね。さっきまで馬鹿にしていたものにハマりそうなとき、思いっきり楽しんでやるくらいの、尻の軽さは、人生を遊ぶうえでは重要だなぁと思います。

 

 

粋なジジイになりたい。

高い車と時計、白い髪と髭、味のある皺が人生を語る、クソジジイ。

あこがれですね。そのころには、今の私の趣味は残っているでしょうか。ものを買う時には「いくつになっても使えるか」を考えるようにはしていますが、それでも、いろいろな芸術を覚えて、多くの刺激を浴びて、おおきな何かを乗り越えることもあるでしょう。その果てに、何に夢中になっているのか、楽しみです。

 

 

「やってみるDay」なんていかがでしょう?

なんでもかんでも、偏見を捨てて、やってみる日!

素敵だと思います。ひと月に一回くらいかな?なんでもいいから、新しい扉を開いてみる日。知らない世界の景色や味、人との出会い。刺激の少な私の日常に丁度いいスパイスになるかも。