月曜前夜の過ごし方

毎週、月曜前夜に心をほぐしにやってきます。

缶コーヒーの良さを語る

twitter.com

こんばんは、葉桜です。

月曜前夜をどうお過ごしでしょうか?

 

「月曜前夜を制する者、人生を制す」

 

大袈裟です、ですが、確かにこの時間を楽しく過ごせる人って人生を楽しんでいると言えるのではないでしょうか。

 

だからと言って、どうしろということはありませんが・・・。

貴方に月曜前夜を少しでも有意義な時間にすることを目指します!!!

 

 

 

 

 

缶コーヒー、好きですか?

私は好きです。だけど、家にいる時は生豆を買ってきて、焼いて挽いて飲むほどのこだわり持ちなんです。そんな生粋のコーヒー好きである私ですが、缶コーヒーも好きなんですね。

 

 

やっぱり、良さはあります。

勿論、追及した本物は極上でございます。しかし、本物にはない味、良さというのがあるんです。カップ麺が好きなのと同じでしょうか、私は好きませんが。

一番好きなのは、UCCのBLACKです。

あ、基本的に私はブラックです。砂糖を入れるならミルクをコーヒーより多く入れないと飲めないんです。

 

 

どう違うのかっていうと。

缶コーヒーは、独特の味がします。決まった味なんですけど、面白いことに自分の心を飲むような感覚になります。本物のコーヒーだと、追及したその味を一方的に味わうことが決まっているんです。私だけかもしれませんが・・。

対して、缶コーヒーっていうのは、その手軽さや値段も手伝ってか、味に自分の心の入り込む隙があるような気がしますね。

それが、好きです。

 

 

缶コーヒーを飲みたいシーンがあります。

例えば、雨のお散歩。気持ちのいい雨の音、テイルランプの踊るまち、風に吹かれて缶コーヒー。つめたい空気の中、縮こまるからだと、缶コーヒーのぬくもり。これが、たまらなく優しいんですよ。これは気の入った完璧なコーヒーには成せぬ味わいです。

もうひとつ例えば、暑い夏の忙しさ。夢中になって汗をかき、手元に目先に忙しく、照り付ける太陽と缶コーヒー。ふいに冷たい缶コーヒーがいつかの想い出の味になります。

 

 

最近、美味しくなってきました。

ここ、数年で缶コーヒーはすごく美味しくなったなあと感じます。当然、豆から淹れた極上ものには遠く及びませんが、それでも、たいした進化です。

だけど個人的には程々にしておいてほしいと思います。やはり、心の入る隙はあった方がいい。そこが、一番いいところだと思います。

UCCのBLACKが好きだといいましたけど、これはとある夏に毎日、一日、数本飲み続けたあの日々がよみがえってくるので好きなのです。

このあいだ、無印良品のBLACKを飲んだ時に、感動しましたがやはり、美味しさよりも、隙間と、風味、記憶が、缶コーヒーだと思うのです。

 

 

百円玉じゃ買えないけれど。

尾崎豊さんの歌でもありますね。いまでは百円玉ではそう買えませんけど、これも同じことかなと思います。缶コーヒーは昔も今も、ぬくもりなんですね。つめたくても、心の温みをくれます。

恥ずかしい話ですが、思い返してみると、恋に破れて泣いた日も、一晩中恋人と電話した日も、少しだけ家出して怒られた日も、夢中になって汗を流した日も、喜び溢れて泣いた日も、つまらない曇った空の日も、缶コーヒーのぬくもりがありましたね。

誰もしらない私の秘密も缶コーヒーは知っているのです。